さあ、未来へ旅立とう

日々のこと、チーム紹介

  • 16 Jan. 2017

    Web制作「リノベーション」案件

    CATEGORYBlog Web制作 TAG

    こんにちは。鬼塚です。

    今回は弊社の主力事業であるWeb制作についてお話します。
    一般的に「Web制作」と言いますと、新規にホームページを作成するか、既存のサイトをまったく新しいデザインでリニューアルするか、そのどちらかを想像される方が多いかと思います。もちろんどちらも弊社の得意とするところですが、その他に、現状の構成を活かしたままサイトを作り変える「リノベーション」というサービスも弊社はご用意しております。

    Webサイトのリノベーション? それは住宅リフォームなどを想像していただければ分かりやすいと思いますが、お風呂場だけ、キッチンだけ、といったように全体の一部だけを刷新するイメージでホームページを作り変えるのが「リノベーション」です。

    今回ご紹介するリノベーション案件、お客様は同じ藤沢市内で新築注文住宅の設計、施工や住宅リフォーム、不動産売買仲介などを行う「株式会社タウンズホーム」様です。

    こちらのサイトはもともと対応デバイスがPC用のみとして運営されていました。また、「家づくり奮闘記」「お客様の声」「施工事例」など多くのコンテンツを複数のWordPressで更新されておりました。これら既存の資源を活かす形でWordPressを統合し、レスポンシブ化でスマートフォンにも対応、デザインにも手を加えました。

    towns

    実装面で最も注意を払ったのはブログデータの移行です。既に運用されているWordPressが5つあり、それぞれの管理画面が分散していましたが、それらを一つのWordPress管理下にまとめました。作業の流れとしては各WordPressのデータをエクスポートし、それを新しいものにインポート、それぞれカスタム投稿としてマージするのですが、その際、とても役に立ったプラグインが「Convert Post Types」です。このプラグインのおかげでデータベースをあれこれ置換することなく、安全にデータ移行を終えることができました。

    より伝わるデザイン、より使いやすい機能を目指しての今回のリノベーションは、お客様にもたいへん好評をいただきました。今回のように既存の資源を活かす作り変えのほか、ご予算に応じた改修、デバイスに応じて最適化したい、などお客様のご要望次第で様々な形でのリノベーションをご提供しております。サイトの一部をリノベーションしたい!という方はぜひ弊社にご相談ください。

    タウンズホーム様のホームページ

    藤が岡のハイランダー、修羅場くぐりのコーディングマシン。案件に食らいついたら離さない、まさにハングリーメタボ。初音ミクに人工知能を実装したら惚れられた、という妄想に生きている。