さあ、未来へ旅立とう

日々のこと、チーム紹介

  • WEBデザインに活用できるAdobe Dimensionの紹介

    19 Jun. 2018

    簡単に合成が出来るAdobe Dimensionの紹介

    CATEGORYBlog デザイン TAG

    どうも、神奈川県は鎌倉市で生まれた綿引です。

    育ったのでは横須賀ですが、働いているのは藤沢です。

     

    さて、前々から気にはなっていたAdobe Dimensionを今回触ってみました。

    Adobe Dimensionとは?

     

    2Dと3Dの合成が簡単にできるデザイナー向けの3Dツールです。

    photoshopでもある程度はデザインが出来るんですが、Adobe Dimensionは違います…。

    陰影の具合とかリアルタイムに反映して見れるので、その素晴らしさがよく分かります。

     

     

    X軸Y軸Z軸をスムーズに移動やサイズを簡単に変えたりすることが出来ます。

    また、袋の膨らみを変えても陰影がしっかりとリアルタイムで変わっていくので、

    そこにAdobe Dimensionの素晴らしさを感じます。

    こんな感じのことを続けていくと5分-10分程度で画像のようなイメージが出来ちゃいます。

     

    サンプルで作ったパッケージはこんな感じですが、もっとハイクオリティな作品も

    Behanceで多く載っているのでぜひ、見てみてくださいね。

    https://www.behance.net/galleries/adobe/13/Dimension?promoid=Z9X3FR13&mv=other

     

    現在、ブランディングサイトの立ち上げ準備をしているので、

    このツールを使ってパッケージデザインなどのイメージ作成が出来ればと思っています。

     

    それでは、また!

    川崎市在住のデザインランボー。ムキムキ・ゴリゴリで常に攻めの姿勢から依頼を撃破。休みの日は丸い爆弾を蹴って生きていることを確認するハイリスクハイリターンの強靭。