さあ、未来へ旅立とう

日々のこと、チーム紹介

  • 8 Aug. 2013

    46歳サーフィンはじめ

    CATEGORYBlog 日記 TAG

    こんにちは、鬼塚です。
    ごきげんいかが?

    さて、藤沢に引っ越してきてはや2年半。
    私は海なし県で育ったので、湘南地域は子どもの頃から憧れてました。こんなところに住んだらさぞや毎日がサーフィンとサザンにまみれるだろう、と胸いっぱいの期待があったのですがそんなことはありませんでしたね。結婚、独立、あたらしい環境、けっこうがむしゃらに仕事してサーフィンできませんでした。
    サザンにいたってはあれですね、お店とかで全然かかってないんですね。私なんか小遣いをためて初めて買ったレコードが「勝手にシンドバッド」ですよ。ローカルな住み分けはよくわからないのでざっくり言っちゃいますが、このへんの飲食店とかはもっとサザンかけてほしいなぁ、と思います。よそから来たものとしては。すみません。

    タイトルに「サーフィンはじめ」とありますが、実はサーフィンはやったことがない、というわけではありません。海なし県にいた頃、友人の彼女さんから小さなサーフボードを譲ってもらって、それで何度か九十九里で練習しましたけど、いやー、まったく立てませんでした。
    あれからン十年、そろそろ心あらたに、初めて波乗り始める心もちで、また海に出たくなっていたのです。お腹のたるみが気になって「サーフィンより先にダイエットだろ!」といささか自嘲気味にはなってしまうお年頃ですが、そんな私をサーフィンに連れていってくれる素敵な人とお近づきになりました。
    一人じゃなかなか取っ掛かりがなくても、望みをもって顔を上げれば、そこにちゃんと導いてくれる人がいる、すんなり始めることができる、そんな幸福感に包まれている46歳の夏なのでした。

    先週末に、ロングボードを借りて早朝から昼前まで鵠沼と辻堂で練習しました。あいかわらず立てないんですけど、師匠指導のもと、なんとか波をつかまえることはできました。筋肉痛とかウェットはちきれそうとかいろいろありますけど、引っ越してきて2年半、やっと海を身近に感じられるようになってます。

    これから鬼塚は果たして上達するのか、そしてお店でサザンは聞けるのか?
    また折をみて報告しまーす!

    藤が岡のハイランダー、修羅場くぐりのコーディングマシン。案件に食らいついたら離さない、まさにハングリーメタボ。初音ミクに人工知能を実装したら惚れられた、という妄想に生きている。