さあ、未来へ旅立とう

日々のこと、チーム紹介

  • Gutenberg

    7 Dec. 2018

    Gutenbergの襲来。世はWordPress 5.0時代へ…!!

    CATEGORYBlog TAG

    こんにちは!

    paypayでウクレレが買える店を探している
    デザイナーの山嵜です。

     
    ついにきましたwordpressメジャーアップデート

    5.0ですよ。

     

     

    これまで、数々の変貌を遂げてきたwordpressですが、
    今回はまたUIの面で革新的な進化を遂げてしまいました。

     

    それが新しいビジュアルエディターである
    「Gutenberg」です

     

     

    Gutenbergとはなにか

     

    wordpress 5.0で正式採用となった新しいエディターの名称です。
    それまで一般的なwysiwygエディターだった投稿画面が、
    よりモダンで直感的なUIに変更となりました。

     

    実際に操作してみると
    これまでとは、かなり使い勝手の違うことに気付かされます。

     

    これまでのエディター(以下、Classic Editor)では
    一つのフィールドに
    テキストやら画像やらリンクやらをドカドカ流し込んでいく
    ガンジス川のようなスタイルでしたが、

     

    一転、Gutenbergでは さながらレゴブロックのように
    テキスト、画像、見出しなどを縦に積み上げいていく方式になっています。

     

    こちらのサイトでGutenbergを試すことができます。

    個人的に、パーマリンクの表示位置が
    右のサイドエリアにズレたところが好印象です。

    Classic Editorですと、
    個別にsingleページのテンプレートを用意してない投稿でも
    常に表示されるので、非表示にしたいなーと思っていたからです。

     

     

     

    それまで使ってたカスタムフィールドって使えるの?

     

    今回のアップデートでまず気になったのは

    業務上、投稿画面にゴリゴリにカスタムフィールドを足しておりましたが、
    果たしてそれまで使っていたサイトをGutenbergにアップデートしても
    問題なく動作するのか…?

     

    という懸念です。

     

    特にAdvanced Custom Fieldsはもはや業務には欠かせないプラグインなので、

    確実な保証がないとGutenbergの適用は難しいでしょう。
    結果から言いますと
    全く問題なく動作しました。

    hikaku
    むしろデザイン面もGutenbergに最適化されているようで、
    流石にメジャープラグインの強さを感じました。

     

     

     

    2021年までは従来の「Classic Editor」も使用可能

     

    まだGutenbergを受け入れるほど、心に余裕がない人でも大丈夫です。

    別途、プラグイン「Classic Editor」を利用することで

    これまでどおりのUIでエディターを使用することが可能です。

     

     

     

    不安があるといえばある

    Classic Editorを有効化している状態で、Advanced Custom Fieldsをの設定を編集しようとすると、
    画面が真っ白になる症状が確認されました。

    Classic EditorをOFFにすることで元にもどりましたが
    細かいところではまだ似たような干渉事例がありそうで恐ろしいですね。

     

    また、所々で日本語の翻訳が済んでおらず、
    操作になれてない人が触るにはまだハードルが高いように感じます。
    ※プラグイン版の「Gutenberg」を有効にすると改善されるようです。

     

    WordPressの進化は止まらない

    wordpressは日々アップデートを続ける巨大な方舟です。
    まだ様子見は必要ですが、これからのさらなる機能革新に期待したいですね。

    茅ヶ崎市在住。雲南省の秘境からMac book片手に湘南の海へ流れ着いた無頼派。ディスプレイの秘孔を突き、気を送り込んで爆発させることを奥義としている。毎週、公用車で湯河原へ通っている若きクリエイターである。